医師も雇用の流動性があるのです。


さて、履歴書を作成しようとなった場合、どうしたらよいのでしょうか?履歴書は2つあり、一つは職務履歴書、もう一つは履歴書です。履歴は出生地と大学学歴、入職歴を記載すればよく、その他の面は不用です。

これに対して、職務履歴書は非常に大事になります。

今までの経歴をよく思い出して頂きたいのですが、前期研修医と後期研修医での「査定」というものがあったでしょうか?研修をした後で「再度研修が必要」ということはあったでしょうか?そういうことは、想定されていませんし、研修医とはいっても、実際は診療報酬を受け取っているはずです(たとえ自分自身が全額受け取っていなくても)。

研修医としての立場が修了すると、今度は医局からの推薦によって指定病院に入職することになります。すでに20代後半になっているわけですが、一人前の医師になるのにはこれからまだまだ時間がかかるわけです。もちろん精神科や耳鼻科、眼科といった場合は20代後半で開業医になる場合もありますが、多くは勤務医でも非常勤であったり、複数の病院の応援に回る場合も少なくありません。

そうなれば、履歴はどうなるのでしょうか?そもそも履歴書は「本人が書く」ものですが、ここまでの経緯では、医師は全て「他人の引いたレール上」を通過しているだけになっています。国家資格というよりも、医局に所属していることから、その所在がしっかりと管理される「心地よさ」があります。

では、転職はどういう場合を意味するのか、といえば「退局」でしかありえません。しかし、これは医師の世界だけの話であって、一般社会はもっと「簡単に」離職、退職、転職ができます。雇用の流動性があるのです。東証一部以上の大企業であっても、5年以内に3割の新入社員が転職するといわれており、小規模企業になれば、逆に8割は転職する、というデータもあります。

医師の世界よりも、はるかに雇用環境が厳しい一般社会であるにも拘わらず、その離職率は高いものといえます。理由は「医局」に当たるものは存在しないからです。だからこそ、エントリーシートや社内OBへ訪問活動してまで、会社の内容を知ろうとします。

職務履歴書は、医師のバイト歴を書くのではありません。バイトの多さは人物評価にはプラスになりません。むしろ「何をしてきたか」を書く事が必要です。●●病院の●●科勤務、その内容。そして学会出席の場合は、具体的な内容。内容を自分で書けるかどうかは、病院側としても責任の所在を把握できるかどうかを確認する術になります。

何故医者はモテるのか?


何故医者はモテるのか?その答えは簡単です。
結婚などを前提とした時に、お金持ちである医者ならば安心して暮らせるからという事や
医者の妻であるというステイタスなどから得られるものがあると思われます。
世の中色々な金持ちが居るものの、医者ほどに安定した金持ちはそうそう居ないでしょう。
自営業者ならば様々な要因で収入はアップダウンしますが、医者に関してはそこまで不確定要素はありませんし、
国家資格に保証された高収入とも言えます。
国民健康保険が破綻でもしない限りこの状況は変わらないでしょう。
女性が男性に求めるもの。それは優しさと待遇でございます。
医者ならば学業の方もそこそこ良いでしょうから、子供への遺伝といったところでも期待を持つ事ができます。
医者はこのように女性が求める全てとも言える要素を持ちえているのです。
それでは、どうやって上手に医者と結婚をしましょうか?答えは簡単です。
金持って調子に乗る前に捕まえておきましょう。
実は20代の医者は大して金を持っていません。同年代の会社員よりかは良いですが、年収1000万円は遠いです。
参考記事にもありますが、20代の医師はお金持ちではありませんから、この状態のうちに捕まえておくべきです。
そうすれば、医者にとっては、自分が成長する過程を共に共有した恋人に仲間意識を持ち、妻にする可能性があがります。
難なら、妊娠してしまっても良いでしょう。
仮に離婚する事になったとしても30代を寝かせておけば、慰謝料や財産分与はなかなかの金額を期待できます。
覚えましたね。医者は20代のうちに調理してやりましょう。

相手女性の気持ちも考えよう


ドクターという仕事は、激務であるにも関わらず、多くの女性の心を虜にする魅力的な職業です。
仕事に打ち込み、心地よい疲れ方をしている男性というのは、なんともいえない魅力を醸し出しているものなのですよね。
ドクターは、人の命と向き合いながら働く、究極の精神力が必要な職業です。
だからこそ、そんな重い責任と向き合いながら、日々真剣に仕事をこなしているドクターは、あまりにも魅力的なのです。
そんなドクターは、コンパの際にも、お見合いの際にも、結婚紹介所などにおいても、とにかくモテます。
職業を尋ねられ、「ドクター」と答えただけで、興味を抱いてくる女性は数多くいるでしょう。
モテるのは、男性として、非常に嬉しいことですよね。
でも、モテるからといって、相手をよく見ずに付き合ってはいけません。
ドクターであり、モテるからこそ、相手が自分の何を好きでいてくれるのかを、しっかり見極めたいですね。
ドクターという職業に惹かれているだけなのか、ドクターとして仕事に打ち込む自分の姿をしっかり見てくれているのか・・・
そのような点をしっかり見極め、良い女性と、良いお付き合いができるようにしましょう。
ドクターという職業は、とにかく高収入なイメージも強いため、中にはお金が目的という女性もいないとは限りません。
相手女性が自分の何を見てくれているのか、よく確認しながら付き合う相手を選んでいきたいですね。
モテるというのは、非常に嬉しいことではありますが、その分、いくらかのリスクも出てくるものです。
寄ってくる女性はみんな素敵、と考えるのではなく、選り好みすることも、大切ですね!
患者の状態から、的確に病気の内容を診断するのと同じように、相手女性の気持ちも、自分のどこに向いているのかをしっかり診断しましょう!

的確な診断を下してくれます。


数多くある職業の中で、とにかくモテる職業の1つといえば、ドクターです。
ドクターがモテる理由の1つが、その特別感ですよね。
ドクターという職業は、まず、頭が良くないとなれないお仕事です。
誰もがなれる職業ではないからこそ、特別感がその人の輝きを増しているのですね。
また、体の不安がある時に、ドクターのところに診察に行けば、的確な診断を下してくれます。
それが、「頼もしい」という印象にもなります。
だから、頼もしい男性というのは、本当に素敵なものですね。
ドクターがモテる理由には、弱っている時に助けてくれる頼もしさもあるのです。
さらに、白衣という独特の制服が醸し出すカッコイイ雰囲気や、知的さ、収入の高さもドクターの魅力です。
だから、いつの時代も、多くの女性の心を魅了し続けていますね。
ですが、ドクターという職業はモテる反面、「結婚すると大変な職業である」というイメージも強いのが難点です。
特に救急救命医なんかは、常に仕事に追われているイメージで、家族との時間をとるのも難しい方もいらっしゃいますよね。
そうなってくると、結婚するのには向かない仕事なのかもしれないと考えてしまう女性も多いのです。
ドクターという職業で、結婚を考えた付き合いをするのに向いているのは、緊急性の少ない内容の仕事をこなしている方ですね。
例えば歯科医や皮膚科医などは、緊急性の少ない科目であるといえます。
反面、産婦人科医などは、時間に関係なく常に呼び出される可能性がある、大変な科目ですよね。
ドクターとして、将来的に家庭と仕事をうまく両立していきたいのなら、自分が働く科目選びも重要なポイントになってくるということですね。
モテることだけ、結婚することだけを目的にドクターになるわけではありませんが、将来の家族とのことも視野に入れた働き方を模索していけると良いですね。

いつの時代にも、モテる職業№1


いつの時代にも、モテる職業№1といえば、やっぱりドクターですよね。
ドクターという仕事がモテるのには、様々な理由があります。
まず1つめには、やっぱり収入が多いという点です。
ドクターという職業は、普通のサラリーマンとは比較にならないほどの高額な収入を得ている方が多いですね。
収入が多いというのは、やはり結婚を視野に入れて付き合う相手として、とても魅力的です。
でも、ドクターがモテるのは、決してお金持ちだからという単純な理由だけではありません。
ドクターは、人の命を救うという、とっても大きな使命を持って仕事に臨んでいます。
その姿勢が素敵に見えるんですよね。
それに、白衣をなびかせる姿というのも、なんとも素敵なものです。
ドクターという職業は、誰にでもできる仕事ではなく、限られた人にしかできない仕事ですよね。
頭の良さも、手先の器用さなども求められます。
そのような点で優れているということも、ドクターを魅力的に魅せている大きなポイントなのです。
人の命を預かる大変な仕事ではありますが、ドクターはとにかく魅力的でモテます!
様々な魅力溢れる職業であるドクター。
これから、高齢化社会が進んだり、生活習慣病など様々な現代病が進行してくることを考えると、ますます需要が増え、多くの人に求められる仕事になっていくことでしょう。
そうなれば、頼りがいのある職業として、より多くの女性の心を虜にすること、間違いなしですね!
ドクターになるためには、かなりの勉強をして、かなりの多くの知識を得て、さらにかなりの厳しい研修を受けますよね。
さらに、ドクターという職業に就いてからも、時間なども関係なく仕事に打ち込まなければならず、常に人の命と向き合うというプレッシャーもあり、精神的にも体力的にもかなり負担が大きいでしょう。
ですが、ドクターは多くの人に頼られ、やりがいのある仕事であるとともに、女性からモテる仕事№1という嬉しいオマケも付いてくるのです。
これはかなり、嬉しいですね!

ドクターという職業に魅力を感じている


最近のテレビの連続ドラマを見ていると、医療系のものが非常に多いと感じることはないでしょうか?
医療の現場というのは、それだけ、今、注目を集めているものなのです。
だから、ドクターという職業に魅力を感じている方も少なくはありません。
ドラマで活躍するドクターの姿を見て、憧れを抱いている方も多いでしょう。
でも、ドクターという職業は、憧れたからといって簡単になれるものではありませんよね。
なるためには、かなりの努力が必要な職業であり、頭脳明晰で、しかも強い精神力がなければなりません。
そんなドクターという職業に就き、医療の現場で活躍している方というのは、多くの人の憧れの的なのです。
だから、ドクターという職業はとにかくモテます。
頭が良くて、根気強く大変な研修にも耐えて、毎日の激務を必死でこなす熱意の溢れる男性・・・
そんなイメージが強いのです。
もちろん、経済面でも、安定して高額な収入が得られているという魅力もあります。
小さいことにケチケチしない性格というのも、モテる男性の条件の1つです。
ドラマの影響もあり、女性が抱くドクターという職業の男性への憧れは、年々強さを増しています。
これからは、ますますドクターが女性からモテる職業となることは、間違いなさそうですね。
ドラマの世界と現実とは全く違っているかもしれませんが、多くの女性が、ドラマによって、ドクターに抱くイメージを膨らませていることは事実です。
そんなモテ期にあるドクターという職業を最大限に活かして、素敵な出会いをゲットしたいですね!
理想と現実のギャップに驚かれることもあるかもしれませんが、ドクターという仕事は、ドラマ以上に素敵な部分も多々あるでしょう。
そんな側面を理解してくれる、素敵な女性を見つけましょう!

ドクターという仕事はもっとも安定して収入を得られる仕事だといえます。


経済的にとても発展している国である日本には、様々な職業の男性がいます。
みなさん、それぞれに色々な分野で活躍しており、かっこよくはあるのですが、そんな中でも一際目立ってモテる職業というのがあります。
それが、ドクターです。
ドクターが多くの女性に人気なのは、なんといってもその経済力。
この高齢化社会において、先が見えないと不安視される職業が多数ある中で、ドクターという仕事はもっとも安定して収入を得られる仕事だといえます。
もちろん、安定した収入とはいっても、その額も桁違いですよね。
ドクターというだけで、思い切り贅沢を楽しめるだけの経済力があると思われてしまいます。
経済力だけで男性の価値が決まるわけではありませんが、しっかりとした経済力があり、安定した思考と自信に満ち溢れた男性というのは、素敵なものです。
「お金がない・・・」と嘆いている男性よりも、ずっと魅力的に見えてしまうのです。
だから、いつの時代もドクターという職業は、とにかくモテます!
現実には、忙しくて大変なお仕事ですし、職場によっては、結婚すれば家族にも大きな負担がかかることだってあるでしょう。
24時間体制で仕事に明け暮れ、家族との時間を取れないという人もいるかもしれません。
でも、それはそれで、仕事に必死で打ち込む男性の姿として、素敵に映ってしまうんですね!
ドクターは、モテる職業として、不動の地位を誇っています。
結婚相談所なんかでも、職業がドクターというだけで、かなり好条件な男性として取り上げられることになるでしょう。
今後も、この地位が揺らぐことはなさそうですね!
必死で勉強したり研修を受けたりと、ドクターになるまでの過程は非常に大変なものですが、得られるものの大きさも、計り知れませんね!

ドクターはやっぱりモテるなblog